iPhone修理は正規店じゃないとNG?

 

iPhone修理は基本的に正規店を利用する方がお得ですが、以下のような場合は非正規店での修理がお勧めです。

 

非正規店での修理がお勧めのケース

  1. 保証期間が過ぎている
  2. アップルケアに加入していない
  3. 水没での故障
  4. 保証回数が残っていない

 

iPhoneなどのアップル製品は購入後1年以内の自然故障であれば無償で修理してしもらえ、さらにアップルケアに加入することによって2年間の修理保証が付いてきます。

 

アップルケアは画面割れやその他故障を格安で修理することが可能なので、加入している場合は非正規店を利用するよりも安く修理することが出来ます。

 

ただ、無償修理はあくまで自然故障のみの適用なので、画面割れなど物理的な故障は適用されず、アップルケアに関しても保証期間は2年間、回数は2回までという条件があります。

 

また、水没での故障の場合は、状態によってはアップルケアが適用されません。

 

正規店にこだわる必要はあまりない

アップルケアが適用されない場合の修理料金は非常に高くなってしまいますが、非正規店であればその半額以下の料金で修理することが可能です。

 

一度非正規店で修理したiPhoneは正規店で修理することが出来なくなりますが、アップルケアが切れている時点で、正規店にこだわる意味はあまりありません。

 

一昔前のiPhoneは寿命が短く「故障=買い替え」という点で正規店にこだわる方も多かったですが、最近のiPhoneは寿命が長い分、途中から非正規店に切り替えていく方も増えています。

 

特にこだわりがなければ、非正規店を利用するメリットは多いです。

 

下記に非正規店の中でも特に利用者が多く、評判の良いお店を3つピックアップしました。

 

各お店の特徴や口コミでの評判などもまとめてあるので、非正規店への切り替えを検討している場合は参考にしていただければと思います

iPhone修理(非正規)店ランキング

あいさぽの特徴

 

料金
スピード
対応
あいさぽは多くのメディアにも露出していて知名度が高く、利用者の多いお店です。

他のお店と比べても修理料金が安く、修理スピードも非常に早いので、口コミでの評判も高くなっています。


特にガラス割れ修理が安いことが特徴で、修理料金が安くなるキャンペーンキャッシュバックキャンペーンなども多く実施されています。


店頭への持ち込みであれば最短30分で修理が可能で、宅配修理の場合は最短3日での修理が可能です。


6ヶ月間の修理保証や、2回目以降の利用は料金が割引されるなど、アフターケアも充実しています。


スタッフの対応も丁寧でリピーターも多く、長期的にも利用しやすいお店になっています。

ダイワンテレコムの特徴

 

料金
スピード
対応
ダイワンテレコムはスマホ事業の運営歴が長く、iPhone修理の実績も多いお店です。

iPhoneの故障やトラブルであれば全般取り扱っていますが、特にデータ復旧・復元に強く、水没などの故障の場合は特にお勧めです。


修理スピードはそこまで早いわけではありませんが、代替機の無料貸し出しも行っているので、修理が長引いてもあまりストレスはありません。


修理保証期間は3ヶ月です。


ダイワンテレコムはガラス割れなどの軽い故障よりかは、水没や内部の故障などの重い故障の際にお勧めのお店になっています。

グッドモバイルの特徴

 

料金
スピード
対応
グッドモバイルは比較的新しいお店ですが、口コミ評判も高くなってきているお店です。

特に水没修理の対応や修理スピードが速いことが特徴で、LINEでの問い合わせなども可能など、細かいサービスも充実しています。


また、割引キャンペーンなども多く、タイミングによってはさらにお得に利用することが可能。


こちらも修理保証期間は3ヶ月です。

 

本当に非正規店で修理してしまっていいのか・・・

 

「非正規店を利用するのはやっぱり少しためらってしまう」

 

そんな方のために、非正規店を利用すると発生するデメリットや注意点をまとめました。

 

以下のデメリットが大きいと思う場合は正規店を利用する方が良いと思いますし、逆に大して気にならないというのであれば非正規店を利用すると良いかと思います。

 

非正規店でiPhoneを修理するデメリットと注意点

正規店が利用出来なくなる

機種変の際に下取りに出せなくなる

 

一度非正規店を利用すると正規店を利用出来なくなる

iPhoneは一度でも非正規店に修理に出すと、以降正規店のサービスを受けることが出来なくなります。

 

これに関しては、保証サービスが切れているiPhoneに関してはそこまで痛手ではないと思いますし、機種変してしまえばリセットされるので、どうしても純正じゃないと嫌というわけではなければそこまで気にする必要はないと思います。

 

ただ、保証サービスが残っている場合はさすがにもったいないので、保証期間内かどうかのチェックはしておいた方が良いでしょう。

 

機種変の際に下取りに出せなくなる

非正規店を一度でも利用したiPhoneは機種変更の際に下取りに出すことが出来なくなります。

 

非正規店の修理パーツは純正品とほぼ変わらない品質の物を使用していますが、正規品にある刻印がないので、中を開ければすぐにわかってしまいます。

 

意外とこれはチェックしていない方が多く、買い替えの際に言われて気づくというケースが多いようです。

 

下取りに出せないiPhoneは買取店で売る

正規店を利用出来なくなるのはそこまで問題ではないと思いますが、iPhoneを下取りに出せないのはなかなか困ります。

 

古いiPhoneを取っておくという方もいると思いますが、大抵は下取りに出すと思いますし、下取りによる割引額もばかになりません。

 

このままではただただ損なだけですが、ここでお勧めなのがiPhone買取店です。

 


 

非正規店で修理したiPhoneはケータイショップで下取りに出すことは出来なくなりますが、iPhone買取店で買い取ってもらうことは可能です。

 

特に最近はiPhone買取店が増えてきて、下取りよりも高く買い取ってくれるところも多くなっています。

 

買取店で売るのは下取りよりかは若干手間がかかってしまいますが、非正規店と併せて利用することで相当お得になります。

 

非正規店を利用したiPhoneでも高く売れる買取店も紹介しているので、よければこちらもご覧ください。

 

このページの先頭へ戻る